医療事故まとめ委員会

インプラント手術で妻が医療事故にあってしまいました

2016/08/06
最近話題のインプラント手術を受けたのですが

私の妻が、最近話題のインプラント手術を受けたのですが、歯の状態が治療前の状態よりも悪くなってしまうという医療事故にあってしまいました。妻は現在50歳ですが、昔から歯の状態が思わしくなく、奥歯は入れ歯を使用しています。まだ年齢が若いにもかかわらず、入れ歯を使用していることに妻は昔から抵抗があったようです。そんな折に、インプラント手術という新しい治療法があるという事を知り、自分もインプラント手術を受けて、入れ歯を使用する不快感から解放されたいと言い出しました。私も歯の治療だから対して問題もないだろうと安心して治療を受ける事を認めたのですが、それが間違いでした。

歯科医院でインプラント手術を受けて治療自体はすぐに終わったようですが、治療後に自宅に帰ってきてから妻の様子が急変しました。治療を受けた歯の周辺が異様なほど腫れてしまい、妻は高熱を出して寝込んでしまいました。しかも手術を受けてはめ込んだインプラント部分もグラグラとしている様で、明らかにインプラント手術が失敗しているように思えます。

歯科医院にはこの原因をきちんと説明してほしいですし、補償などもきちんとしてほしいと思っています。今後歯科医院側と話し合いなどを行っていかなければいけないと思うのですが、このような場合どのように対応していけばいいのでしょうか。